ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月17日

長谷部誠「グループHは、どの国にもチャンスがある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ドイツ通信社は、現在日本代表の主将としてロシアのカザン入りしている、長谷部誠酒井高徳のコメントを掲載。

今大会グループHに属する日本代表は、コロンビア、セネガル、そしてポーランドとの対戦が控えているところだが、長谷部は「もちろんとても難しい相手だと思います」と前置きしながらも、「でもドイツ代表に匹敵するチームというわけでもありません。なので、どのチームにもチャンスがあるのではないかとみています」と語った。

その初戦コロンビア代表戦では、ブンデスリーガ・バイエルン戦で対戦経験のあるハメス・ロドリゲスが待ち構えているが「ハメス擁するコロンビア代表は手強いですよ。でも僕たちも良い戦術をもち、チームとして一体となって取り組んでいます。だからチャンスはあると思いますね」と長谷部。

またハンブルガーSVで主将を務める酒井高徳は、「ハメスは今大会に大きな自信をもって臨んでくると思います。どんな可能性もあるとは思いますが、でももちろん難しいのもまた確かですよ」と述べている。

一方で日本代表は、大会直前にハリルホジッチ氏から西野朗監督へと変更。このことについては「もちろん普通のことではないですね」と語った酒井だったが、長年にわたってスポーツディレクターを務めてきたことに加え、「日本語で意見交換できますからね、その点ではかなりやりやすいですよ。通訳を介して聞くよりは」と前向きな姿勢を示しており、「ネガティブなことなど不必要なことは取り除いて、僕たちは自分たちのことに集中して取り組んでいかなくてはならないと思います」と意気込みをみせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報