ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月22日

酒井高徳が主将から外れ、ハントが後任に?

Hamburger SV
ハンブルガーSV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大衆紙ビルトが伝えたところによれば、2部降格直後にハンブルクへの残留を宣言した酒井高徳だが、しかしながら日本代表MFが、主将を返上することを考えているようだと伝えた。

記事のなかで、クリスチャン・ティッツ監督は「高徳はリーダー的存在の一人。ただキャプテンマークについては、別の人材に渡すことも想像できるようだ。もしもクラブにとって、それがより意義のあることであればね」とコメント。

ティッツ監督はこれから、コーチ陣らと共に選手評議会メンバー6名の選定を行い、そこで新たな主将が指名されることに。なおビルト紙では候補として、アーロン・ハントやルイス・ホルトビーといった、経験豊富な二人のMFの名前をあげている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報