ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月31日

スロムカ氏「シャーフ招聘は素晴らしい決断」

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2015-12-31 11.30.52

かつてハノーファーで指揮をとったミルコ・スロムカ氏が、後半戦より指揮を執ることとなったトーマス・シャーフ氏に対して、惜しみない賛辞を贈った。


「人間としても素晴らしい人物であり、ドイツにおける最高の指揮官の一人だよ」

ハノーファーで2001年から2004年までラルフ・ラングニク氏の下でACを務め、2010年から2013年まではトップチームで監督を務めた同氏。


フロンチェク監督辞任後は、自身も後任候補として名前が挙がっていたが、スロムカ氏は「トーマス・シャーフはいい答えだ。過去のしがらみにとらわれることなく、仕事に集中できる。ハノーファーにぴったりの人材だよ」との考えを示し、「ハノーファーが下せる中で、最高の選択肢だよ。見事な決断だよ」と歓迎の意向を示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報