ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月12日

ベックとサン=マクシミンがキャンプ地を後に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2016-01-11 17.51.10


ウッフェ・ベックがトレーニングキャンプを後にした。肋骨付近に炎症を抱える同選手は、これまでの治療では思うような効果が出ておらず、バーダーCEOは「時間を無駄にはできない。ウッフェはドイツで別の治療法を行うことになる。これはうちの医療スタッフと首脳陣との話し合いの結果だ」と説明した。


さらにハノーファーでは、出産に立ち会うためアラン・サン=マクシミンがキャンプから離れ、再合流せずにそのままU23にてトレーニングを継続していく。一方でそのU23から、ヴァルミール・スレイマニとニクラス・ファイアーアーベントが帯同。


また筋肉に問題を抱えるチャーリー・ベンショップについては、月曜から徐々に負荷を高めていく。