Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月16日

ハノーファー、アルメイダを獲得

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1452694838


 これから残留に向けた戦いを挑むトーマス・シャーフ監督だが、後半戦ではかつての教え子と共に臨むことになった。元ポルトガル代表FWウーゴ・アルメイダが、2017年までの契約にサインしている。


ポルトガル代表として30試合に出場した経験を持つ31歳は、かつてブレーメン時代にシャーフ監督の指導を受けており、2006から2010年までの在籍期間で117試合に出場、41得点をマークした。


その後ベシクタシュ、チェゼーナ、クバン・クラスノダール、アンジ・マハチカラを渡り歩いた同選手は、先日そのアンジとの契約を解消。そのため移籍金は発生しない。


なおトーマス・シャーフ監督は昨季にフランクフルトの監督に就任した際にも、ブレーメンで指導したベテランFWネルソン・バルデスを獲得した。




監督:トーマス・シャーフ

移籍が成立して嬉しいよ。前線での打開力の改善への必要性を感じていたのでね。ウーゴは我々のプレーに好影響をもたらしてくれることだろう。彼はコンパクトかつパワフルで、ゴールへプレッシャーをかけられる選手だ。





FW:ウーゴ・アルメイダ

このような魅力的なオファーについて、長く思い悩む必要なんてなかったね。監督から連絡を受けたときに、僕は即答でOKしたよ。

ブンデスのことをチェックしなかったときはない。また戻ってこれたらと、常に思い続けていたんだ。得点といいパフォーマンスによって、とにかくハノーファーの1部残留に貢献したいと思うよ。





マネージャー:マルティン・バーダー

ウーゴ・アルメイダは、数年にわたってそのクオリティを、ブンデスリーガで示したことのある選手だ。監督はブレーメン時代に、彼のことをよく知っているよ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker