Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月19日

ウーゴ・アルメイダが入団会見

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2016-01-19 11.36.03


FW:ウーゴ・アルメイダ

…  残留争いの経験について

アンジ・マハチカラで再昇格を果たしたが、しかしうまくはいっていないね。苦しい戦いを強いられているところだ。しかしアンジについてあまり多く語るつもりはない。これからハノーファーでの戦いが待っているんだ。目標を達成するチャンスがそこにはあり、僕はそのために加入する。まだシーズンは半分残されているし、時間はあるよ。


… ハノーファーとシャーフ監督の印象

うまくいって、ここに加入できてうれしく思う。決断は容易だった。シャーフ監督の下、ブレーメンで過ごしたあの4年半は素晴らしいものだったし、ハノーファーでも同じようになることを願っているよ。


… システムについて

4−4−2で2トップを採用しようと、4−3−3で2枚のウィングをサイドに置こうと、そんなに重要なことではない。僕はプレーがしたい!ブレーメン時代では、シャーフ監督の下で4−4−2システムで成功を収めた。そこで多くの得点をマークしているし、ここでもそれは採用されるのだろうと思う。


… 体調について

いい感じだ。ただロシアでは冬季休暇は長期間あるので、いいコンディションを保とうと努めてはいたのだけれども、でもフィットネスルームとチームとともにピッチで練習することは別物だ。今は50・60%といったところだろう。


… ブンデスについて

世界最高のリーグの1つだと思う。素晴らしい選手と素晴らしいチームがそこにはある。僕にとって素晴らしい場所だね。ここで以前にとてもうまくできたし、ブンデスでの経験が、自分のキャリアのなかで助けとなった。


… ポルトガル代表について

今は代表監督のとのコンタクトは全くない。でももしもその機会があれば、僕はそれを誇りに感じているし、常にプレーしたいと思っている。それに向けても、ハノーファーでいい仕事をすることが重要だね。


… ドイツ語について

ブレーメン時代に覚えたいくつかの言葉は知っている。ただ僕の会話能力でみえるよりも僕はもっとドイツ語を理解はているよ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker