Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月24日

アルメイダに3試合の出場停止処分、ベックも離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sonntag 21 02 2016 1 Bundesliga Saison 2015 2016 22 Spieltag in Hannover Hannover 96 FC Augs

8連敗により、2部降格への重圧がさらに増すこととなったハノーファー96。さらにウィンガーのウッフェ・ベックが筋損傷で離脱することとなったのだが、加えてウーゴ・アルメイダも出場停止を受けている


日曜日に行われたアウグスブルク戦にて、後半から投入されたアルメイダは、1点を追いかける終盤のフリースローの場面で、PA内を後ろ向きに走りながら相手MFの顔面に、エルボーをぶつけるシーンが目撃されていた。


しかしこの場面を主審が見逃していたことから、月曜にDFBが調査へと乗り出し、火曜に3試合出場停止処分を言い渡している。


アルメイダは「今回起こったことに関して、クラブ、ファン、そしてチームメイトに本当に申し訳なく思う。あれは不必要な、愚かな反射だった」とコメント、「停止明けにはまた、力強いパフォーマンスを見せたいと思う」と述べた。





試合後コメント

CB:アレクサンダー・ミロシェヴィッチ

… アウグスブルク戦での失点の場面について

コミュニケーションが不足していた。こういう試合では、ちょっとしたことが決め手となってしまうんだ。


… ロスタイムでは相手GKの好セーブに阻まれた

不運にもうまく守られてしまった。もしもあれで勝ち点1が取れていればファンタスティックだったんだけど。ホームスタジアムで敗れるのは辛いものさ。


… 次節は最下位から好調に転じたシュトゥットガルト

でも僕たちは最下位にいることばかりを考えてはいけない。シュトゥットガルト戦でもっと良いパフォーマンスを見せるということ。そのためには得点、そして勝利が必要だんだ。


サッカーではとにかく得点と勝利によって一転してしまうもの。だから僕たちはこれからも戦いつづけていく。まだ試合は残されているんだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker