ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月16日

清武&酒井宏コンビが好機演出…ハノーファー、残留へ望みつなぐ7戦ぶり白星

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第30節が15日に行われ、日本代表MF清武弘嗣、同MF山口蛍、DF酒井宏樹の所属するハノーファーと、ボルシアMGが対戦した。清武と酒井が先発出場。山口はメンバー外となった。


前節ヘルタ・ベルリン戦は2-2で連敗を5試合で止めたものの、6試合白星から遠ざかり降格危機に陥っている最下位ハノーファー。今節は、5位につけるボルシアMGをホームに迎えて、後半戦2勝目を狙う。


試合は前半をスコアレスで折り返し、後半49分に動いた。カウンターを仕掛けたハノーファーは、19歳のノア・ジョエル・サレンレン・バゼーが右サイドをドリブルで突破。深い位置から折り返すと、ニアサイドに走り込んだ19歳のヴァルデマール・アントンがダイレクトで右足を振り抜き、相手GKの手を弾いてゴールネットを揺らした。


若手2人の活躍で先制に成功したハノーファーはさらに60分、今度は日本人の2人がチャンスを作る。中央の清武が右サイドへスルーパス。これを酒井がダイレクトで鋭いクロスを入れる。ボールはニアサイドのDFに当たるが、ファーサイドのケナン・カラマンがセカンドボールに反応し、絶妙なターンから左足を振り抜く。シュートは相手DFに当たり右ポストを直撃するが、こぼれ球をゴール前のアルトゥル・ソビエフが押し込んで追加点を奪った。


試合はこのまま終了し、ハノーファーが2-0で7試合ぶりの勝利。ホームでは16試合ぶりの白星で、残留に希望を残した。なお、清武と酒井はフル出場している。


ハノーファーは次節、23日にアウェーでインゴルシュタットと対戦。ボルシアMGは24日にホッフェンハイムをホームに迎える。


【スコア】
ハノーファー 2-0 ボルシアMG


【得点者】
1-0 49分 ヴァルデマール・アントン(ハノーファー)
2-0 60分 アルトゥル・ソビエフ(ハノーファー)


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報