Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月24日

酒井宏&清武が起死回生のアベック弾…ハノーファー、ドローで今節の降格回避

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第31節が23日に行われ、インゴルシュタットと日本代表MF清武弘嗣、同MF山口蛍、DF酒井宏樹の所属するハノーファーが対戦した。清武と酒井が先発出場し、山口はメンバー外となった。


前節、7試合ぶりに勝利を挙げ、残留へ望みをつないだハノーファー。今節は、5位インゴルシュタットの敵地に乗り込み、連勝を狙う。なお、ハノーファーはこの試合で敗れると、2部降格が決定する。


試合開始から10分、早くも試合が動く。インゴルシュタットは右サイドの敵陣深くでのスローインからダニー・ダ・コスタが低い弾道のクロスを供給。このボールにアルフレド・モラレスが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。


先制点を奪ったインゴルシュタットだが20分、ディフェンスラインの裏へ抜け出したハノーファーのフェリックス・クラウスを後ろから倒したとして、ロマン・ブレジェリーにレッドカードが提示された。


数的不利となったインゴルシュタットは25分、右サイドでFKを獲得すると、パスカル・グロスが蹴ったボールにモリッツ・ハルトマンがヘディング。シュートはGKロン・ロベルト・ツィラーの足に当たるが、そのままゴールに吸い込まれ、追加点を挙げた。結局、このままインゴルシュタットの2点リードで前半を折り返す。


後半に入って51分、ハノーファーは酒井宏が右サイドからクロスを上げると、エリア内でノア・ジョエル・サレンレン・バゼーがトラップし、左足でシュートを打った。しかしこれはクロスバーの上へ外れる。


しかし直後の58分、ハノーファーはゴール前でクラウス、アダム・サライとパスをつなぐと、最後はエリア内に走りこんだ酒井宏が右足で強烈なシュートを放ち、ゴール左隅へ突き刺した。


さらに攻勢を強めるハノーファーは76分、セカンドボールを拾い、最後はミーコ・アルボルノスが左足のミドルシュートを放った。しかしこれは枠をとらえることができない。


82分、ハノーファーがついに同点に追いつく。左サイドを駆け上がったミーコ・アルボルノスがクロスを上げると、DFに当たってコースが変わったところに清武が反応。浮き球を左足でミートし、ネットを揺らした。


しかし試合はここでタイムアップ。ハノーファーが日本人2名の活躍で追いつき、2-2の引き分けに持ち込んだ。これでハノーファーは、残り3試合で16位ブレーメンとの勝ち点差を9ポイントに縮めたため、今節での2部リーグ降格は免れた。なお、酒井宏と清武はフル出場を果たしている。


インゴルシュタットは次節、30日にアウェーでホッフェンハイムと対戦。ハノーファーは同日にDF内田篤人が所属するシャルケをホームに迎える。


【スコア】
インゴルシュタット 2-2 ハノーファー


【得点者】
1-0 10分 アルフレド・モラレス(インゴルシュタット)
2-0 25分 モリッツ・ハルトマン(インゴルシュタット)
2-1 58分 酒井宏樹(ハノーファー)
2-2 82分 清武弘嗣(ハノーファー)


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker