ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月27日

ツィーラー移籍へ、候補はレバークーゼンやドルトムント等

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1461669620

2部降格が確定したハノーファーだが、ドイツ代表ロン=ロベルト・ツィーラーが、6年過ごしたクラブを今季限りで退団する考えを明らかにした。


自身のフェイスブックにて、同選手は「噓、偽り無く伝えたい。ハノーファーは僕にとってとても大きな存在だが、でも僕はとても野心をもっている。そしてその目標は、来季も1部でプレーすることなんだ」と報告。ハノーファーについては「ブンデス1部にとにかくふさわしいクラブだ。すぐに戻ってこれるように希望している」とエールを送っている。


気になるのはその移籍先ということになるが、「ドイツで居心地よく過ごしているし、ブンデスは世界最高のリーグの1つだ」とコメント、国内ではレバークーゼン、ライプツィヒ、ケルン、ヘルタ・ベルリン、ドルトムントなどの名前が浮上しており、「いくつかの関心はあるんだけど、でもまだどうなるかは全然見えていないよ」と語った。


2010年にマンチェスター・ユナイテッドからハノーファーに移籍した27歳は、2014年のブラジルW杯の優勝メンバーでもあり、これまでブンデス182試合に出場。2011/12シーズンから今日まで、フル出場を継続しているところだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報