ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月03日

ハノーファーと共に1部昇格への戦いに臨むクラウス

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

klaus8-1462196677

古巣フライブルクの1部昇格の決定に「TVで観戦していて、選手達にショートメッセージで祝福の言葉を贈ったよ」と明かしたフェリックス・クラウス。昨季フライブルクの2部降格に伴い、1部のハノーファーへと移籍した同選手だが、1年が経ち今度は立場が逆転。ハノーファーは既に、2部へと降格することが確定している。


だが「僕たちは1部に上がることを考えないと」と同選手。


この言葉は間接的に、ハノーファー残留を意味するものだ。契約を2019年まで残す攻撃的MFは、先日正式に監督へと就任したシュテンデル氏について「監督が来てから、仕事にとりかかるようになれていると思う。どうしてこうなってしまったのかわからないけど、でも僕たちは今はとてもいいサッカーをしているし、熱い気持ちと楽しみをもってプレーできているよ」と語った。


今季は負傷などの影響により、フル出場はゼロ、kicker採点平均では4.38と精彩を欠いたクラウス。来季の戦いに向けては「僕たちは若手選手とともに取り組んでいかなくてはならないし、ここに残る以上は戦う気持ちが必要だ。」とコメント。


「今は僕は若手の一人だけど、来年はおそらくベテランの組に入ることになるだろう。自分のできる限り、チームの助けになりたい」と意気込みを見せている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報