Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月08日

清武の今季5点目が決勝ゴールに…ハノーファー、今季ホーム最終戦を白星で飾る

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第33節が7日に行われ、日本代表MF清武弘嗣、同DF酒井宏樹、同MF山口蛍が所属するハノーファーとホッフェンハイムが対戦した。

ハノーファーはすでに2部降格と最下位でシーズンを終えることが決まっているが、ホーム最終戦を勝利で飾りたいところ。筋肉に問題を抱えている酒井と負傷離脱中の山口はメンバー外、出場が危ぶまれていた清武は先発メンバーに名を連ねた。

試合は28分にハノーファーのゴールで動く。右サイドから攻撃を仕掛けると、エリア内左でパスを受けた清武がワントラップから左足でシュート。これがゴール右隅に決まり、ハノーファーが先制に成功する。清武にとっては第31節以来2試合ぶりのゴールで今シーズン通算5点目となった。

1点リードで後半を迎えたハノーファーは63分に清武を下げてエドガー・プリプを投入。その後は追加点こそ奪えなかったものの、清武が挙げた1点を守り切り、ホーム最終戦を勝利で締めくくった。

次節、ハノーファーは14日に敵地でバイエルンと、ホッフェンハイムは同日にホームでDF内田篤人所属のシャルケと対戦する。

【スコア】
ハノーファー 1-0 ホッフェンハイム

【スコア】
1-0 28分 清武弘嗣(ハノーファー)


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker