Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月09日

1年ぶりにピッチで勝利を味わったプリブ

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1462793636

後半63分から出場し、勝利の笛をホームのピッチ上で耳にしたエドガー・プリブ。これは自身にとって、昨シーズンの最終節フライブルク戦以来となる、約1年ぶりの経験だった。


それから18試合に出場した26歳のMFだが、自身が出場した試合では未勝利。19度目の機会でようやく掴み取っている。


「そういうことは気づかなかったね」と振り返ったプリブ。


契約は2017年まで残されており、2013年にフュルトが降格を喫した時にはハノーファー移籍を決断したが、「まだハノーファーとの契約が残っている」と語るレフティは、「こういうシーズンのあとで、そういい話がたくさんあるわけでもないだろう」とコメント。


むしろ自分にとっても、そしてクラブにとっても「2部がチャンスとみれることだってできるさ」との考えも示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker