ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月10日

降格のハノーファー「2部をよく知る」ゲルハウス氏招聘

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gellhaus-1462870907
2部降格が決定し、ダニエル・シュテンデル暫定監督が正式に監督へと就任したハノーファーだが、さらに来季からマルクス・ゲルハウス氏をACとして招聘することを発表した。契約期間は2018年まで。


同氏はベルリン時代に細貝萌と原口元気の指揮官を務めていたヨス・ルフカイ監督の下、同職に就いてヘルタ・ベルリン、アウグスブルク、グラードバッハで1部昇格を果たした経験を持つ。


マネージャーのバーダー氏は、招聘の理由について「過去に同様の状況から1部昇格を果たした経験を持つ」と説明。シュテンデル監督は「2部のことを彼ほど知る人物はそういない。完璧な補強だ」と喜びを見せており、またゲルハウス氏も「若手とともに臨むというハノーファーの進む道は、私の考えにマッチしている」と語った。


そして今シーズンは2部に降格したパダーボルンの監督へと就任したのだが、成績不振からわずか10試合でチームを後にすることとなった。ちなみにパダーボルンはその後、エッフェンベルク氏やミュラー氏が監督を務めるも、最終節を前に最下位に沈んでおり、2年連続降格間近というところまで迫っている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報