ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月18日

昨年のシュティンドルに続き、主将シュルツが退団

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fussball Herren 1 Bundesliga Saison 2015 16 Hannover 96 Hamburger SV Christian Schulz

今季キャプテンを務めたクリスチャン・シュルツが、9年間在籍したハノーファーを後にすることが明らかとなった。契約を今季まで残していた33歳のDFだが、ハノーファーは同選手との延長を見送る判断を下している。


ブレーメンで103試合に出場し、その後に加入したハノーファーではクラブ史上4位となる255試合に出場したシュルツ。現役通算の出場試合数でみても、ピサーロ(411)、キースリング(375)、ラーム(359)に次ぐ、4番目となる通算358試合に出場してきた。


そして昨シーズンいっぱいで移籍したシュティンドルに代わり、主将を担ったシュルツだが、しかしシュテンデル監督就任からは先発の座を失い、契約満了でチームを後にすることとなる。


地元紙に対してマネージャーのバーダー氏は、「もしもクラブ関係の仕事に興味があるのであれば、話し合いをすることになる」と述べているのだが、シュルツ自身は現役続行を希望しているとみられているところだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報