Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

大衆紙ソース:Bild |  2016年05月24日

清武にヘルタ等から関心も、移籍金がネックに

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bader8-1448550859

2部に降格した清武弘嗣の契約には、今月いっぱいまで移籍金650万ユーロで移籍可能となる例外条項が含まれており、現在はヨーロッパリーグ出場が控えるヘルタ・ベルリンとの交渉も伝えられているものの、大衆紙ビルトはヘルタ側には問題点もあると指摘。


ELプレーオフ進出は確定してはいるが、グループリーグ出場を果たせなければ、清武に定められた例外条項650万ユーロを作り出すことはできないとの見方を示した。


そのほか清武に対しては、ケルン、ブレーメンなども関心を示しているが、マネージャーのバーダー氏は「金額のハードルはとても高いものがあるね」と述べている。


また仮に例外条項の期限が切れた場合、清武の移籍金額が下げる可能性については、「例外条項が関係なくとも、金額のハードルは変わらないよ。うちはいい選手を手放したいちは思っていないからね」とコメント。


さらにビルト紙は、清武の契約は2部でも有効であることも合わせて伝えた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker