ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月02日

ハノーファー、若手育成に元ドイツ代表タルナト氏招聘

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハノーファーは来季からユースセンター長として、ミヒャエル・タルナト氏を迎え入れることを発表した。

1990年にデュイスブルクでプロとしてのキャリアをスタートさせた同氏は、カールスルーエ時代にドイツ代表へと選出されると、1997年にバイエルン・ミュンヘンへと移籍。そこでチャンピオンズリーグ優勝を果たしている。

そして2003年にはマンチェスター・シティへと移籍。その翌年にハノーファーにてブンデス復帰すると、2009年までリーグ戦102試合に出場して8得点11アシストをマークした。

マネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏は、「クラブを知り、高いレベルでの若手育成において豊富な経験を有している」同氏の招聘に「理想的だ」と太鼓判。

一方でタルナト氏も、「ここの関係者と顔をあわせるのが楽しみだよ。特にU19のダブロウスキ監督と、U17のチェルンドロ監督とは、ともにプレーした仲でもあるのでね」と喜びを述べている。

なお前任者のヤン=モリッツ・リヒテ氏は、来季からはマインツに移籍し、サンドロ・シュヴァルツ新監督の下でACを務める。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報