ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月14日

ハノーファーで順調に成長するアントン

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「誰の目からみても、僕たちが自信をもって戦っているということを感じてもらえると思う。つまりは僕たちが常に全力を尽くし、そして常に勝利を目指しているということ」そう胸を張ったのが、ここ数年で確固たる地位を築いた若手DFヴァドマール・アントンだ。ここまで開幕から3試合でフル出場が続いており、「もちろん僕個人としてもこの流れを嬉しく思っているよ」と言葉を続けている。

守備のオールラウンダーに対しては、アンドレ・ブライテンライター監督はボランチとして起用しており、戦術理解度で成熟したドイツU21代表にはスペースのカバーを特に期待。CBでもプレーが可能であり、オフェンスにもアクセントをつけられる、チームにとっては貴重な存在だ。

そんな同選手に対しては今夏に数千万ユーロとも言われる移籍金で他クラブへ売却する可能性があったようだが、しかしクラブ側はこれに断りをいれ、最終的には2021年までの契約延長という形で決着をみることに成功した。

「まさにハノーファーを代表する選手、この契約延長にはそういったシグナルが込められている」とマルティン・キント会長は評価、さらに「ヴァルデマール・アントンはいまや主力選手の1人であり、まだまだ伸び代をもった選手でもある。これから楽しませてくれることだろう」と言葉を続けている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報