ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月19日

ブライテンライター監督「選手たちにうかれはない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【試合前コメント】
アンドレ・ブライテンライター(監督:ハノーファー)
「あまり多くを語りたくはないし、苦しい状況にもいつか入ることはわかっている。我々としてはしっかりと準備をおこたらず、そして現実から決して目を背けないということだ。それが、誰も聞きたくはないだろうが、残留が目標ということになる。フライブルク戦にむけて、我々はいい準備をしているし、もしもうまくいけばフライブルク戦でも勝ち点を得られるさ。チームは試合にむけて100%集中できている。それは決して簡単なことではないんだ。人間というのは満足感に浸りたくなるものだからね。しかし今はそのような雰囲気は見て取れない。(チャウナーが大腿筋を負傷)チーム練習に参加できるかは、まだわからない。(フライブルク戦について)彼らはレヴァークーゼンに完敗したあとであり、期するものをもって試合に臨んでくるはずだ。小さなスタジアムでの後押しをうけて、かなりのプレッシャーをかけてくることだろう。攻撃的に仕掛けてミスを誘発させようとしてくるはうzだ。それが彼らのやり方だし、それによって自信が回復していくものだしね。モチベーションは高いと思うよ。全力でこの試合に臨んでくるはずだ」


マルヴィン・バカロルツ(MF:ハノーファー)「重要な勝ち点10だと思うよ、今僕たちは手にしているのは。だからとにかく嬉しいね。でもこれは現時点では、という意味合いしかないけれども。僕たちはこうやってブンデス1部で生き残っていくしかない。ただ戦いを挑むというだけではなく、ちゃんとサッカーをするということ。僕たちは自信をもてているし、結果もついてきている。それがシーズンでも続くかって?僕はそれを期待しているよ。意欲とちゃんとした姿勢をもって臨めばね。この前の試合でもいいパフォーマンスができてよかった。チームとしてまとまりがあったね」

フィリップ・チャウナー(GK:ハノーファー)「(開幕戦でハルニクがゴール)開幕戦のゴールという勢いが3年連続つづいた。このまま別の勢いにも繋がっていくといいね。(前節活躍の)ベブーに伝えたのは、まさにチームとして見せていたもの、これこそなんだ!といったよ。そしてベブーは、こんなにも早く居心地の良さを感じるなんてね、そしてその期待に答えられるなんてね、と話していた。そう言う風になれることはいいことさ。僕たちはこう言う感覚を長く保ち続けていきたい。でも別の時期もやってくることは覚悟してはいるけれどもね」

【先発予想】
フライブルク:シュヴォロウ – リーンハルト, シュスター, ソユンチュ – P.シュテンツェル, C.ギュンター – ヘフラー, フランツ – ハベラー, ケント – ニーダーレヒナー

ハノーファー:チャウナー – コルブ, S.サネ, F.ヒュブナー, オストルチョレク – シュヴェグラー – アントン, バカロルツ – ハルニク, カラマン – フュルクルーク



  • ブンデスリーガ・各チーム情報