ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月22日

1部復帰のハノーファー、開幕5戦無敗…躍進の理由はビデオ分析?

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ開幕5試合を終えて無敗を維持し、4位につけるハノーファー。開幕前には2部降格も予想されていたが、前評判を覆す活躍を見せている。21日付のドイツ紙『ビルト』の中で、躍進の理由をアンドレ・ブライテンライター監督が明かしている。

 1部復帰1年目にして、ハノーファーは上々のスタートを切った。試合直前に、DFの選手たちがiPhoneやiPadを使って対戦相手の映像を確認する姿が見られている。ブライテンライター監督によれば、「選手たちはその週の対戦相手やマッチアップする選手の映像を『ドロップボックス』を通じて送られる」とのこと。さらに試合後にも、選手たちにはクリップビデオを送られ、各々が自身のプレーを確認することが求められているという。

 ビデオ分析担当のラース・バールマン氏との共同作業が、ブライテンライター監督にとって、最も大きな割合を占める。「我々は徹頭徹尾、頻繁なビデオ分析が重要なものだとみなしている。トレーニングのポイントも、これらのビデオ分析から作られる」と指揮官は言う。

 映像を観ても“ピンと来ない”選手には、トレーニングにおいて、試合を想定した状況設定の下で説明を行う。「選手は自身の仕事を理解して、実践できなければならない」というブライテンライター監督。選手に要求する前に、内容を伝える工夫を徹底して行っているようだ。

 決してビッグネームが所属しているとは言えないハノーファーだが、コーチングスタッフの緻密な作業が躍進を支えているようだ。今後の戦いにも注目が集まる。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報