ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月13日

トルコ代表デビューを果たしたカラマンにベシクタシュが関心

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先週木曜日に行われた試合は、ケナン・カラマンにとってとても特別な試合となった。すでにロシア・ワールドカップへの道は閉ざされてしまったトルコ代表だが、この日に行われたルーマニア戦で、同選手がA代表デビューを果たしている。

そんなカラマンについて、アンドレ・ブライテンライター監督はここまでのリーグ戦では「安定してパフォーマンスを発揮している。多くの出場機会もえているし、あとはフィニッシュのところで結果がほしいところだね」とコメント。

「ただなかなかラストパスがこないというのもあるけどね。彼自身はうまくドリブルで仕掛けていく姿をみせたりしているのだが。しかし決して彼にがっかりしているということはない」と言葉を続けた。

とはいえ、DFBポカール二回戦ヴォルフスブルク戦ではビッグチャンスを逃し、リーグ戦でのここ2試合では出場機会はえられてはいない状況にあるが、このことについては「いい状態にあると思うし、いいプレーをみせていると思う。しかしここのところは、入れ替えを行う必要性が見出せなかったということだよ。」と説明。

なおシュトゥットガルト生まれの攻撃的選手との契約は今季いっぱいまでとなっており、これから行われるテストマッチでも代表の一員として出場する機会があるかもしれないが、その一方でトルコ1部の複数のクラブ、ベシクタシュなどからの関心も伝えられている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報