ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月09日

ハノーファーのアントン、まだ膝に問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


引き続きハノーファーは、週末に行われるホッフェンハイム戦にて、ヴァルデマール・アントンを欠いて臨む可能性が残されている。アンドレ・ブライテンライター監督は、「ヴァルデマールは今週はチーム練習に参加できず、軽くウォーミングアップしただけなんだ」とコメント。決断は金曜日にチーム練習に参加できるかどうかで下されることになりそうだ。

守備陣では多くの離脱者を抱える状況のハノーファーではあるのだが、その一方でオフェンス陣で多くのオプションが控えているところであり、ブライテンライター監督は別の意味で頭を悩ませることになる。

「フェリックス・クラウスはここ数週間はコンスタントに状態がいいし、チャーリー・ベンショップもミュンヘンでいいパフォーマンスをみせていたからね、チャンスをつかむ資格はあるさ。もちろんマルティン・ハルニクも先発のオプションだし、ケナン・カラマンも脱却しはじめている印象を練習から受けている」


ただそのオフェンス陣でも、今夏加入のジョナタスは引き続き負傷離脱。さらに腱断裂からの復帰を目指しているサレンレン・バゼーについても、まだメンバー入りは果たせないようだ。「練習をしても痛みがないことは嬉しいし、前進は見て取れているよ」と指揮官は語った。

ちなみにハノーファーでの怪我人リストのうち、練習場の質の悪さから負傷した選手は、実に3選手にものぼる。このことについてブライテンライター監督は苦言を呈しており早期の改善をクラブ側へ求めており、実際にトレーニングは練習場ではなく本拠地HDI アレナにて実施している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報