ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月12日

シュヴェグラー、前半戦を終えて「ゆっくりクリスマスを」

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われたホッフェンハイム戦では、昨季4位の強豪を相手に2−0で勝利。勝ち点ではドルトムントに並ぶ22にまで積み重ねて見せたハノーファー。なかでも古戦となったピルミン・シュヴェグラーは気を吐き、「身を粉にして」チームの勝利のため力を尽くした。「あんなにタックルした試合もそうないよ。」

だが運に恵まれた部分もあった。それは自身も認めるところである。2枚目の警告を受けてもおかしくはないハードプレーもあり「もちろんギリギリのプレーだったよね」と同選手も振りかえった。ただいずれにせよ今節の試合では、累積警告により出場停止ということにはなる。

雪上でのタフな戦いを終え、シュヴェグラーは「プレーが難しかったよ。でもしっかり受け取るということはそんなに難しくはなかった。それを僕たちは立ち上がりでできていたように思う。セカンドボールもうまく拾えたね」とコメント。

苦しんで掴み取った勝利に、「素晴らしいね。試合はどちらに転んでもおかしくはない展開だったけど。勝ち点22にまで乗せられた。もっとプラスしていけるといいね。それからゆっくりとクリスマスを楽しむよ」と喜びをみせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報