ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月11日

ハノーファー新加入のエレス「ミロ・クローゼを見習っている」

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日にハノーファーがクロアチア前年度王者リエカから獲得したヨシプ・エレスは、まだ23才と若手のセンターバックながら、これまでイタリアと母国クロアチアで2クラブ、さらにハンガリー、デンマークと渡り歩いた経験も持つ選手だ。その理由について、同選手は「僕は常に高みを目指している。そしhてどの選手にも経験を積むことは大切なものだと思うよ」と語った。

ただそのなかでも、ユース時代を過ごしたラツィオに話が及ぶと、エレスは元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼについて惜しみない賞賛の言葉を送った。「彼からは本当に多くのことを学んだ。決して彼から目を話すことはできない。それまでにすでに数多くの成功をおさめてきていたというのに、どの練習でも常に全力で取り組んでいたよ。僕もそれを練習で見習っているんだ」

なお新天地ハノーファーでの定位置争いにむけては、「ブンデスでの挑戦は一朝一夕で行くものではない。それはわかっているよ。自分としてのプランは持っているし、それにむけて取り組んでいきたい。そしてできるだけ多くの試合に出場し、勝利を味わいたいね」とコメント。

そして今夏に行われるロシア・ワールドカップに向け、クロアチア代表に対するアピールへとつなげたいところだろうが、こちらについては「僕の頭にはないよ。そもそも定位置争いは激しいものだしね」と述べるに止まったが、クローゼから得た教訓を活かして「自分の仕事をしっかりとこなせば、いつかその日はきっとくると思う」と信して取り組み続けていきたい。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報