ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月16日

フュルクルーク活躍の裏で、ハルニクが厳しい立場に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


いま、ハノーファーの話題の中心は、前節のマインツ戦でハットトリックをマークし、チームを勝利へと導いたニクラス・フュルクルークだ。これで今季8得点目をマークした24才のFWは、チームの得点王へと浮上。果たして、それまでチームの得点王となっていたマルティン・ハルニクの立場は厳しいものへとなってしまうのだろうか?

しかしアンドレ・ブライテンライター監督は「彼は重要な主力選手の1人だ。」と述べ、「この試合まではチームで最多得点を記録していたのだよ、その力をこれからの戦いでも見せてくれるだろうさ」と期待下院を示した。

だが今回のマインツ戦でハルニクは、ベンチでその勝利を見守るしかなかった。だが「筋肉系で問題を抱え、まだ100%の状態にはないんだよ。それに彼を起用する展開でもなかった。システムを変更したし、シュヴェグラーが負傷交代し、さらに背後ではヒュブナーのような空中戦での強さをもった選手が必要だったからね」と説明。

「時には厳しい判断をくださないといけないこともある。マルティンはとても重要な選手であり、出場のチャンスはかならず巡ってくる。それに2人が得点数を争うような展開になっても、それはそれでチームにとっていいことだよ」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報