ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月03日

ブライテンライター監督、ここまで善戦みせる選手たちを評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昇格組ながら、ここまで奮闘をみせているハノーファー。アンドレ・ブライテンライター監督は「選手たちはこの1年間、本当に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれている。全ての目標を手にしてきたし、継続して成長を見せ続けてきた。特にハノーファーではピッチ外の話題で加熱していたことを思えばこそより評価できるものだ。」と語った。

一方で残留争いの真っ只中にある「ハンブルクはプレッシャーのかかる状況にある。しかしながら監督交代から、ライプツィヒ戦では1−1と同点劇を演じてシグナルを送っている。我々としては頭をクールにして戦わなくてはならない。選手時代の彼を忘れることはない。声高に鼓舞し、常に信頼を置かれる選手だった。」とコメント。

「ハンブルクは、彼の選手時代の時のように全力を尽くしてくることだろう」と述べ、また注目となっていた先発GKについては「そのことについては話し合った。そして彼がハンブルク戦でプレーすることになるよ」と明言している。


その一方で、今季限りでチームを後にすることとなったフェリックス・クラウスについては「フェリックスはチームの主力選手であり、彼の移籍で敢えて暗雲を立ち込ませる必要もないだろう。彼は1つの決断を下したということ、それは彼がもつ正当な権利だ」と擁護した。

「しかし最後まで彼は全力を尽くすことだろう。そう確信している。彼は素晴らしい選手だ。素晴らしいシーズンを過ごしている選手を失うことになってしまうが、ただこういうことは常に起こりうるものだ」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報