ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月06日

再び「ゴール前に立ちはだかってみせた」チャウナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ここのところはゴール前で不安定なパフォーマンスを露呈し、批判の対象となっていたフィリップ・チャウナー。しかし週末に行われたハンブルク戦では、再び安定したパフォーマンスを披露した。その理由はいったい何だったのだろうか?「リラックスして試合に臨む必要があるもの。そのなかで僕は経験が豊富だし、普段通りに落ち着いてプレーしていった。それが僕の仕事だ」と語った。

ブライテンライター監督も「安定していたし、ゴール前に立ちはだかっていたね。」と評価。「いいプレーを見せてくれていたよ。今は順位表の中盤にいるし、開幕前には期待されていなかったものだ。次節のフライブルクはレヴァークーゼン相手に善戦を演じていたが、我々としては勝ち点3を確保したいと思う」
と意気込みをみせている。


またこの試合ではアイヴァー・フォッスムがブンデス1部初得点をマーク。ちょうど2年前にハノーファーに加入するも、その年のうちに2部降格を味わったフォッスムは、2部では可もなく不可もなくというシーズンを過ごした後に、迎えた1部昇格後のシーズンでは負傷で大きく出遅れたものの、後半戦での4試合のうち3試合でフル出場。この日はブンデス初得点も記録するなど、移籍以来もっともいい状態にあるといえる。

「今はプレーすることができてうれしい」と語るノルウェーU21代表主将は、成功の秘訣をきかれ「つきなみな表現かもしれないけど、練習しかないよね」とコメント。今回の得点については「信じられない気持ちだけど、でも勝利を収められたらよかったんだけどね。失望しているよ、終了間際だったこともあるし。でもブンデスでのアウェイ戦はタフなものさ」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報