ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月22日

ハノーファーの主将プリブ、再び前十字靭帯を断裂!

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハノーファーに非常に残念な知らせが届いた。復帰を目指していたエドガー・プリブが再び、右膝の前十字靭帯を断裂。今季は主将としてブンデス復帰を果たした同選手だったが、昨年8月に行われた練習中に右膝の前十字靭帯を断裂。

その後、膝の専門医であるアウグスブルクのウルリヒ・ボエニシュ医師の執刀の下、手術を受けた後からはドナウスタウフでのリハビリを経て、2月なかばよりチーム練習復帰を果たしたばかりだった。

クラブ側の発表によればプリブが負傷したのは火曜午後の練習中であり、特に対人戦などが行われていたわけではないという。練習後に患部が腫れ水曜午前に精密検査を受けた結果、再び同箇所の前十字靭帯を断裂していたことが明らかとなった。

「今回の知らせは全てのチームメイト、コーチ陣、そして首脳陣に対して大きなショックを与えるものだエディと我々にとって今回の診断結果は非常に辛いものだったよ。」と語ったマネージャーのホルスト・ヘルト氏は、復帰にむけてバックアップを誓っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報