ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月24日

ハノーファー、ジョナタスがメンバー復帰へ

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日は主将のピルミン・シュヴェグラーが、再び前十字靭帯を断裂するという非常に残念な知らせが届いたハノーファーだが、その一方でジョナタスからは朗報が届いた。大腿筋の腱を部分断裂していたブラジル人FWだが、週末のグラードバッハ戦にむけて再びメンバー入りを果たすことが明らかとなった。

同選手は2週間前にチーム練習へと復帰しており、「ジョナタスはいい改善をみせているところだ。このまま順調にいけば、メンバーいりすることになる。練習ではとても精力的だし、得点に飢えているところも見せている。数分間は出場することはできるだろう」と、アンドレ・ブライテンライター監督は見通しを語っている。

さらに同じくブラジル人のDFフェリペからも「いい改善がみられている」ところであり、こちらについてはいきなり先発としてCBコンビを形成してくる可能性もある。数多くのオプションを手にした指揮官は、「ここまで後半戦ではいい戦いをみせているし、グラードバッハ戦には自信をもって臨むよ。ヴァリエーションを豊富に構えて、いい準備をしていきたい。チームの状態はいいものがあるよ」とコメント。

また対戦するグラードバッハについては、「確かにいまはいい流れにあるとはいえなおだろうが、しかしトップクラスのクオリティをもったチーム。どういう試合をやっていく必要があるか、そのことはしっかりと頭に入っているよ。前回は我々はいい戦いをしているしね」と自信をのぞかせた。


ユリアン・コルブ「チームとしてしっかりとできているチームからチームへと移籍した。それがいいベースになってうまくいっていると思う。ハノーファーはとてもいいメンタリティをもっていて、そのあたりは軽くみられるために降格候補第1号なんてみられていもいたよね。でも早く1部残留を決めたいと思うし、それが目標だ。もう勝ち点32を獲得しているけど、でもそれで1部に残留できるというものでもない。そこまできたら、また別の目標について話すことになるさ。僕自身はいい感じでここまでこれていると思う。プレーを通じて成長したいと思い加入したんだ。それが目的だったし、グラードバッハでは昨季前半戦で比較的多くプレーしたけど、後半sんでもそうでもなかったから。グラードバッハはいまでもトップ6に数えられるクラブだと思う。最近は少し悪い傾向にもあるし、不運なところもあったけど。だから土曜日はとにかく勝利をめざしてくるはずだ。難しい試合になるだろう。彼らはあくまで国際舞台復帰を目指していることだろうし。でもできれば勝利をおさめたいと思う。ホームでの戦いだし、これまでいい戦いを見せてきたから。自身は十分にあるよ。ドルトムントやシャルケにも買っているのだから。ただ難しい試合ではあるけども」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報