ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年04月20日

ハノーファー「バイエルンに恐れを感じる必要はない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「この試合では我々は、バイエルンの3軍を相手にベストメンバーで臨む可能性がある。つまりは今シーズンはじめて、我々が本命となって試合ができるチャンスが到来したのかもしれないね」と自嘲気味に語った、アンドレ・ブライテンライター監督。

そしてそれと同時に「バイエルンは重要な局面あると、見事な集中力をもって取り組む姿を見せており、ピッチにどの選手が立とうが大して関係はないんだ。本当に大きなチャレンジになるよ」と言葉を続けた。

だが選手たちの雰囲気は明るいものがあり、「試合を楽しみにしているよ。これほどの強豪クラブと戦えるのだ。できるだけ持ちこたえたい。勝利を簡単に明け渡すような考えには程遠いよ」とコメント。

「不安などないさ。むしろこれだからサッカーが大好なんだ。きっと選手たちも同じ気持ちだろう。最高のクラブと腕試しができるなんて素晴らしいことだよ。恐れを感じる必要なんてない。ただミスも許されないがね」と意気込みをみせている。

なおこの試合にむけてブライテンライター監督は、前節よりも多くのオプションを手にすることができそうで、フロリアン・ヒュブナーとヨシプ・エレスの両センターバックが復調。どちらかがサネと共にCBコンビを形成することになる。また先日の試合で上々のブンデスリーガデビューを果たしたティモ・ヒューバースについても先発のチャンスが与えられる可能性があるだろう。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報