ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月17日

浅野拓磨、ハノーファーと既に合意済みか

Hannover 96
ハノーファー96
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日にブレーメン入りが発表された大迫勇也。同じく獲得を目指していたクラブとして名前があがっていたのが、1860時代の恩師フンケル監督率いるフォルトゥナ・デュッセルドルフと、そしてハノーファー96だった。

だがハノーファーの思惑通りには事は運ばず、補強を行うまでには至らなかったのだが、しかしながらハノーファーはこのような事態に備え、すでにプランBを用意していたようだ。

kickerが得た情報によればハノーファーは、大迫勇也と同じ日本人FW、浅野拓磨と移籍ですでに合意に達している模様。

23才の快速FWは、2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルへと移籍。そのまま当時2部に所属していたシュトゥットガルトへとレンタル移籍しており、初年度は2部26試合に出場して4得点。今季はチームとともに1部昇格を果たしていた。

そしてヴォルフ前監督時代までは出場機会を得ていたものの、しかしながら後半戦途中から就任したタイフン・コルクート監督の下では全く出場機会を得られないままレンタル期間が終了している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報