ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月03日

ハノーファーの浅野拓磨、バックアップ選手としてワールドカップへ

Japan
.日本代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


浅野拓磨はバックアップ選手として、日本代表と共にロシアへと向かう決断を下した。先日発表された最終メンバー23名から外れた3選手のうちの1人となった浅野だが、しかしながらそのまま代表チームをバックアップするため遠征へと帯同している。

一昨季にプレミアリーグのFCアーセナルから当時2部シュトゥットガルトへとレンタル移籍していた浅野拓磨は、先日には今シーズンよりハノーファー96へとレンタル移籍することが発表。なお今回同じく最終メンバーから外れ共にバックアップとして帯同する井手口陽介も、リーズ・ユナイテッドに加入後そのまま海外の2部、スペインのクルトゥラル・レオネサへとレンタル移籍している。

ちなみに今回バックアップとして参加している選手については、もしも代表メンバーが重傷を負った際に試合開始24時間前であれば出場することが可能。西野朗監督体勢での初陣を終えたばかりの日本代表は、すでにワールドカップ前の合宿地オーストリアへと向かっており、そこでは6月8日にスイス代表と、その4日後にはパラグアイ代表との腕試しが控えているところだ。

今回の代表メンバーにはブンデスリーガーからは香川真司(ドルトムント)をはじめとして、大迫勇也(ブレーメン)、武藤嘉紀(マインツ)、酒井高徳(ハンブルク)、そして共にデュッセルドルフへレンタル移籍していた宇佐美貴史(アウグスブルク)と原口元気(ベルリン)が選出。元ブンデスリーガーとしては、マルセイユの酒井宏樹(元ハノーファー)とレスターの岡崎慎司(元マインツ)も名を連ねた。

日本はグループリーグHに属し、トーナメント進出に向けてコロンビア代表(19日)戦を皮切りに、ポーランド代表(24日)、そしてセネガル代表(28日)との対戦が控えている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報