ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月25日

「僕自身は悔しい思いがあります」…勝ち点1獲得も原口は失点シーンを悔やむ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表は24日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦でセネガル代表と対戦。相手に2度先制を許す苦しい展開も、乾貴士と本田圭佑の得点で追いつきドローに持ち込んだ。

 2列目の右サイドで先発出場した原口元気は「最後までしんどいゲームでした。その中でも最後まで粘って1点を取って、最低限勝ち点1を獲得できたので、次につなげたいと思います」と前を向いた。

 自身のパフォーマンスに関しては「僕自身としては悔しい思いがあります」とコメント。「攻撃では何か仕事をしたかったですし、守備でも1失点目はクリアが曖昧で失点につながってしまった」と悔やんだ。

 次戦は28日、ポーランド代表と対戦する。「予選突破が懸かっていますし、ポイントを取って上に行けるように、いつも通りしっかり走ってチームに貢献したい」と意気込んだ。





きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報