ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月07日

ハノーファーのフォッスムが、合宿地を後に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アイヴァー・フォッスムがハノーファーが合宿を行なっているザンクト・ペーター・オルディングを後にした。金曜日の午前にまもなく22才の誕生日を迎えるノルウェー人MFは、チームが宿泊する「シュトランドグート」を後にして、一路ハンブルクの空港へと向かっている。その理由は負傷によるものではなく、兄弟のエミルの結婚式に参加するためだ。

「彼はちゃんとシーズンの終わりごろに、この結婚式のことを伝えていたよ。兄弟の仲がよくてね。ただこういった参加はあくまで当然のことではあるが」と、アンドレ・ブライテンライター監督は語った。「確かに数回の練習を休むことにはなるが、ただ彼はただでさえノルウェー代表参加で、今夏の休暇期間は短かったしね」なおフォッスムは火曜日から再び合流。チームは月曜日が休日にあてられている。

その一方で新戦力のウォレスは、今日の練習から再び練習場に戻ってきた。しかし

まだ別メニューでの軽めの調整となっており、木曜夕方に行われたエルダーシュテット選抜とのテストマッチでも参加を見送っている。また前十字靭帯の断裂から復活をめざすエドガー・プリブも、フィットネスコーチを務めるデニス・フィッシャー氏とともに別メニューで汗を流した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報