Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月18日

ラングカンプが負傷、ヤールスタインは発熱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

langkamp8-1453043109


1週間に渡ったベレクでの冬季キャンプを終え、ドイツに戻ってきたヘルタ・ベルリンだったが、CBセバスチャン・ラングカンプは「土曜の試合までギリギリだ。検査結果を待たないと」と語った。


同選手は土曜日に行われたテストマッチにて、大腿筋を痛め途中交代を余儀なくされており、月曜日の結果によって筋損傷か過度伸展ですんでいるのかが明らかとなる。


さらにそのテストマッチでは、ルネ・ヤールスタインが胃腸炎からくる発熱により欠場。ただしこちらに関してはマネージャーのプレーツ氏が「アウグスブルク戦ではプレーすると思うよ」と楽観的なコメントを述べている。


なおその代わりにプレーしたのがトーマス・クラフト。「予定外だったけど、離脱者の影響でね」と明かした同選手は「オーケーではあったけど、でもまだ万全ではないよ」とも語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker