Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月19日

シェルブレッド、延長に向けて「いい話し合い」

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FBL-GER-BUNDESLIGA-BERLIN-HOFFENHEIM


ウラジミール・ダリダと共に、ヘルタ・ベルリンの中盤を形成しているペア・シェルブレッド。決して目立つ存在ではないが重要な存在となっており、現在はそのヘルタと延長に向けて交渉を行っているところだ。


「話し合いを行っているよ。クラブからは満足感と、これからも長期間ともにしていきたいとのシグナルを受け取った。良い対話ができているし、それは良い結果につながる要素でもある」と語ったノルウェー代表主将は、「まぁ契約は2017年まで残されているから、プレッシャーはないけどね」とも付け加えている。


16歳の時にノルウェー1部トロントハイムに加入したMFは、そこで8年間を過ごしたのちに2011年にハンブルガーSVへと移籍。だが2013年には、実戦経験の確保を求め当時昇格組にあったヘルタ・ベルリンへとレンタル移籍。翌年には長引いた交渉の末、はれて希望通りヘルタへの完全移籍を果たしている。


ここまでヘルタではブンデス71試合、2得点、9アシストをマークしてきたシェルブレッドは「ブンデスリーガ、そしてここヘルタ・ベルリンで、僕はとても居心地よく過ごせているんだ」とコメント。これは決して、延長に向けて悪い材料ではないはずだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker