Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月11日

カルーは「大事には至らず」

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kalou800x600-1455140049


本拠地ベルリン五輪スタジアムで行われる、夢のポカール決勝進出に向け、35年ぶりにベスト4進出を果たしたヘルタ・ベルリン。


ダルダイ監督は「まずはシュトゥットガルトのこと、リーグ戦のことを考えなくては。この試合の終盤でのプレーを反省材料にしないと」と既に週末の試合へと視線を向けていたが、この日の試合ではサロモン・カルーが、後半63分に負傷で交代を余儀なくされた。


同選手には靭帯を損傷していた疑いももたれていたものの、大腿筋の筋肉に問題を抱えたのみとのことで、ダルダイ監督は「大事にいたっていない」と述べている。ただし週末の試合に間に合うかどうかは、これから様子見といったところだ。


ここまでカルーはリーグ戦20試合中19試合に出場(先発18)、10得点1アシストをマークし、kicker採点平均では3.28をマークしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker