ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月19日

ヴァイザー復調、カルーはまだ疑問視

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

weiser8-1455805168

後半戦初勝利を目指すヘルタ・ベルリンは、ヴォルフスブルク戦に向けて、前節のシュトゥットガルト戦で大腿筋の過度伸展により欠場していたミッチェル・ヴァイザーが復帰することが明らかとなった。「彼に関してはいい感じだよ」そう語ったダルダイ監督だが、同じく前節を負傷欠場したサロモン・カルーについては「まだわからない。彼が違和感を感じるなら、起用したいとは思わないよ」と述べている。


なおヴォルフスブルクは先日、CLヘント戦で勝利を飾っているが、ダルダイ監督は「国際経験豊富な強豪。スピードと創造性があるね」と評価、「だが我々はホームで戦うし、勝利を収められる可能性はある」と意気込みを見せた。


また後半戦では3分1敗と未勝利が続いており、このことについては「選手たちがドローについて悩んでいるのかはわからないが、ひどい試合あったわけではないとはいえるだろう」とコメント。「勝ち点はいいものではないが、心配はしていないよ。安定しているし、勝利を収めれば順位表はいい状況だ。いいタイミングで、いい相手を対戦するね」と、強豪との対決を心待ちにしている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報