ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月10日

主将ルステンベルガーが延長

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hertha BSC - Eintracht Frankfurt

主将のファビアン・ルステンベルガーが、2017年までとなっていたヘルタ・ベルリンとの契約を、2019年まで延長したことを発表した。


2007年にルツェルンから加入したスイス人MFは、2013年に1部昇格を果たした際に、当時の監督だったヨス・ルフカイ氏から主将に任命。以来、本職のボランチのみならず、今季前半戦ではブルックスの穴をカバーするなどCBとしてもチームに貢献している。


なおスイス代表は今夏に行われるユーロ2016への出場権を獲得しており、自身はブンデス3位につけるヘルタで主力を務めているところだが、代表でのアピールの機会を得られていないていないことに不満を漏らしている