Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月22日

五輪スタジアムからの移転を目指すヘルタ

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hertha8-1458567401

ヘルタ・ベルリンは本拠地の移転を計画しているところだ。


今シーズンは観客動員数平均4万5615人を記録している五輪スタジアムは、2006年に開催されたドイツW杯をにらみ2000〜2004年にかけ、2億4000万ユーロを投じて改修。最大観客動員数7万4475人を誇る。


しかし前マネージャーのディーター・ヘーネス氏のころから、サッカー専用スタジアムを持つことは話としてあがっており、テンベルホフ空港跡地をはじめとした3箇所が候補として浮上した。


収容人数は6万人と、今よりも少し規模を小さくしたもので、よりマーケティングに利用可能な、そしてファンとの距離をもっと近くした熱い雰囲気を感じられるようなスタジアムにしたいと考えている。


スタジアムのレンタル契約は2017年までで、おそらく次回の更新が最後になることだろう。9月にもベルリン州との話し合いが行われる見込み。


何よりも問題となるのが財政面であり、2年前に9.7%のヘルタの株を有するKKRは33.3%まで拡大するオプションを保有。そこで今季は競技面で大きな飛躍を見せているヘルタは、KKRに次ぐ別の投資会社、さらには新スタジアムにむけKKRへのさらなる投資なども模索しているところだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker