ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月31日

ブルックスは99%欠場する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hertha BSC Berlin - FC Schalke 04
日曜日にグラードバッハとの上位対決が控えているヘルタ・ベルリンだが、脛骨プラトーに打撲を抱えるアンソニー・ブルックスについて「99%プレーすることはないだろう」との見通しを、ダルダイ監督が明かした。さらに背中にも問題を抱えており、23歳の米国代表CBには来週行われるハノーファー戦での出場も疑問視されているところだ。


昨夏ではゴールドカップ出場により出遅れた同選手だが、第12節以降はフル出場を継続している。


その一方でCBセバスチャン・ラングカンプが、左ふくらはぎの筋損傷から復調。ブルックスの代役も期待されるが、さらにもう一人オプションとして考えられるのが主将のMFファビアン・ルステンベルガーだ。


ダルダイ監督は「グラードバッハにはそんなに大きな選手が揃っているというわけではない。ルスティはインテリジェントなプレーヤーで、我々としてはうまくボールをキープしたいと思っている」との考えを示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報