Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月16日

原口先発のヘルタ、土壇場の失点で逆転負け…3戦白星なしで4位後退

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第30節が16日に行われ、ホッフェンハイムと日本代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。原口は5試合連続の先発出場となった。


チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の3位につけるヘルタだが、ここ2試合白星から遠ざかっている。今節は14位に沈むホッフェンハイムのホームに乗り込んでの一戦。4位のレヴァークーゼンが勝ち点差1に迫っているため、3試合ぶりの白星を挙げておきたいところ。対して、ブンデス史上最年少指揮官のユリアン・ナーゲルスマン監督(28歳)が率いるホッフェンハイムは、ここ4試合で3勝1分無敗と調子を上げてきている。


試合は26分に動く。左CKを得たヘルタは、マルヴィン・プラッテンハルトが中央へボールを送る。ニアサイドで味方がすらし、中央のニクラス・シュタークが頭で押し込んで先制点を奪った。だが33分、ホッフェンハイムが試合を振り出しに戻す。右サイドで得たFKで、ナディエム・アミリが精度の高いクロスを供給。それにファーサイドのファビアン・シェアがヘディングで合わせて、ゴールネットを揺らした。前半は1-1で折り返す。


後半に入って71分、エリア手前中央でFKを得たホッフェンハイムは、アミリが直接ゴール右上隅を狙ったシュートを放つが、スピードが足りずGKルネ・ヤーステインにキャッチされた。79分には、マルク・ウートの仕掛けから、こぼれ球に反応したアミリがエリア内右からダイレクトでシュートを放つが、わずかに枠の左に外れた。


すると85分、チャンスを作っていたホッフェンハイムが逆転に成功する。右CKから、アミリのボールにニクラス・ズーレが頭で合わせるが、シュートは枠を捉えられない。だが、詰めていたウートが反応し、ダイビングヘッドで合わせてネットを揺らした。


ヘルタは88分、原口を下げてアレクサンダー・バウムヨハンを投入し、同点ゴールを狙う。だが、試合はこのままタイムアップを迎え、ヘルタは1-2の逆転負け。3試合勝利なしで、今節レヴァークーゼンが勝利したため、4位後退となった。


ホッフェンハイムは次節、24日にアウェーでボルシアMGと対戦。ヘルタは20日にDFBポカール準決勝で日本代表MF香川真司の所属するドルトムントを、23日にリーグ第31節でバイエルンをホームに迎える。


【スコア】
ホッフェンハイム 2-1 ヘルタ・ベルリン


【得点者】
0-1 26分 ニクラス・シュターク(ヘルタ・ベルリン)
1-1 33分 ファビアン・シェア(ホッフェンハイム)
2-1 85分 マルク・ウート(ホッフェンハイム)


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker