Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月06日

ヘルタ2選手に興味、細貝には浦和から関心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hertha800-1462470052

昨シーズンでは残留争いを展開していたヘルタ・ベルリン。だが今季は、シーズン残り2試合というところで、まだチャンピオンズリーグ出場権を獲得するチャンスも残されている。


そんな中パル・ダルダイ監督とマネージャーのプレーツ氏は、来季の補強に向けて二人の選手に注目。


一人目はハノーファーに在籍するサリフ・サネで、身長196cm、ボランチを本職としながらCBもこなす同選手とは、ベルリンですでに話し合いも行われた。ただ問題となるのは、ハノーファーが降格することは決定しているとはいえ、2018年まで残されている契約には例外条項が含まれていないことにある。


もう一人注目している選手は、シェルブレッドが代表主将を務めるノルウェー出身のヴェトン・バリシャだ。22歳のFWが持つテンポと複数のポジションでプレー可能なポリバレントさを評価しており、同選手は今季2部31試合に出場して6得点4アシストをマークしている。


560_205-1296422203

一方で現在レンタル中の2選手については、来季の動向はまだ不透明なままとなっている。


現在トルコ1部ブルサスポルへレンタル中の細貝萌は、契約に今月まで行使可能な買い取りオプションがついているものの、古巣の浦和レッズからの関心も寄せられているところだ。ベルリンとの契約は2017年まで。


また実戦経験を積むために3部ケムニッツへレンタルされたマリウス・ゲルスベックについては、レンタル期間は2017年までとなっているものの、思うように出場機会を得られていないことから新天地を模索する可能性がある。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker