ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月10日

パツケ氏が57歳で他界

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

patzke800-1462870850

かつてヘルタ・ベルリン、ボーフム、レバークーゼン、シャルケなどに在籍し、ブンデス1部通算150試合に出場(30得点)したヴォルフガング・パツケ氏が、長年の闘病生活の末、57歳でこの世を去ったことが伝えられた。


2006年に白血病であることが判明した同氏は、その後に弟からの幹細胞移植で回復への期待が持たれていたものの、しかしその弟のノルベルト・パツケさんによれば、先週ベルリン市内にある病院で息を引き取ったという。