Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月05日

ベルリンのオフェンスを牽引するベテラン二人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1462371766

先日のレバークーゼン戦で今季10得点目をマークしたヴェダド・イビヴィッチ。これでサロモン・カルーに続き、二桁得点に乗せたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWだが、これはヘルタ・ベルリンにとってはパテンテリチとヒメネスが記録して以来となる、実に9年ぶりの出来事だ。


30歳のFWが主力を務めるクラブはヘルタ以外には今季はなく、契約はともに2017年までながら、ヘルタは延長することも考えていることだろう。マネージャーのプレーツ氏は「二人とも本当に良いシーズンを過ごしている。相乗効果が見られるよ」とコメント。ただしカルーについては、ダルダイ監督は前節のパフォーマンスに不満を感じており、個人的な話し合いを行ってはいる。


しかしプレーツ氏は「確かにチーム状況はそこまでいいものではないが、しかし今季14得点をとった選手だのせいとはいえないだろう」と強調した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker