ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月17日

細貝、金銭面での問題で今後が不透明に

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

数週間前には既に、レンタルにて加入していた細貝萌の買取オプション行使に関心示していたトルコ1部ブルサスポル。しかしkickerが得た情報によれな細貝のサラリーを巡り、事態に変化が生まれているようだ。


ヘルタとの契約を2017年まで残す細貝は、レンタル先にて今季20試合に出場。ボランチや右サイドバックとしてもプレーした。今月いっぱいまで行使可能となっている買取金額は、100万ユーロとなっており、同クラブの会長は「監督は細貝残留を望んでいる。もしもヘルタと50万ユーロで合意できれば」とコメント。ハムザオール監督も「複数のポジションでプレーが可能であり、国際経験も有し、良いメンタリティももった選手だ」と評価している。


だがそのような賛辞が伝えられる一方で、細貝側はサラリーの一部が支払われていないことに苛立ちを覚えている模様で、このままトルコに残るかどうかは疑問符がついているところだ。


なおその細貝に対しては、2005〜2010年まで在籍した浦和レッズが復帰に関心を示しており、ヘルタも2017年までの契約を残しているため解決策が見出せなければヘルタに戻ることになるが、ダルダイ監督の下での将来性はないだろう。