ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月05日

シェルブレッド「練習は苦しくとも報われる」

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

自身にとって二度目となる、トップチームでのトレーニングキャンプをスタートさせたダルダイ監督。「目覚ましだよ」と語った森での30分のランニングを経て、朝食をとった選手たちは、10時から練習場に姿を現しパス練習を行った。


1時間半のパス練習を行ったダルダイ監督は「プレッシャーがある中でもない中でも、フォーメーションの中でもね。午前はそういった大切なポイントについて取り組んだ」とコメント。「午後については、特に私は見るだけだよ」と述べるように、17時からはクフノコーチがフィジカルトレーニングを取り仕切っている。


なお今回のバード・ザーロウでは昨夏もキャンプを行っており、その時よりは「二十度気温が低い」と指揮官。前回は40度のなかで厳しいトレーニングを行ったが、シェルブレッドは「トレーニングが厳しくともそれだけの価値がある」と意気込みを見せた。


1. FSV Mainz 05 v Hertha BSC - Bundesligaそんななか練習に姿を見せているのが、移籍の噂が浮上しているロイ・ベーレンスだ。


元指揮官ルフカイ氏率いる2部シュトゥットガルトの名前が浮上しているものの、kickerが得た情報によれば契約期間とサラリー面で差がある模様。


オランダ代表経験もあるウィンガーに対しては、母国の1部をプレミアの2部からの関心も寄せられているようだが、ベーレンス自身はまだこれからも海外での挑戦を続けていきたいと考えている。