Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月13日

守備を改善したいヘルタ・ベルリン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hertha BSC Berlin v Brondby IF - UEFA Europa League

テストマッチでもヨーロッパリーグ予選でも守備のもろさを露呈しているヘルタ・ベルリン。「まるでオウンゴールのようなものだ」と自嘲気味に振り返ったダルダイ監督は、「もっとアグレッシブさと一体感をもて取り組むことを期待している」と選手たちに要求した。


そして土曜日に控えるナポリとのテストマッチでは、登録した18選手すべてに30分以上の出場機会を与える考えをもっており、指揮官は「どの選手にもアピールのチャンスがある。定位置争いを我々は求めているんだ」との考えを示している。


ただし新戦力のオンドレイ・ドゥダは負傷のために欠場、父が亡くなったことによりコートジボワールに戻っていたカルーはドイツに戻っているが、話し合いの結果で月曜日から練習参加の予定となっており、また今週はフィットネスコンディションの向上に努めていたミッチェル・ヴァイザーについては「罰ではないよ」とダルダイ監督はコメント。kickerが得た情報によれば、来週月曜日からチーム練習復帰の見込み。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker