ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月02日

主力不在のなかでテストマッチを行うヘルタ

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1472730960

金曜午後には6部相当のクラブイタリアとテストマッチを行うヘルタ・ベルリン。そのクラブで今季から指揮を執るのが、トーマス・ヘスラー氏だ。ダルダイ監督は現役時代に同選手と対峙したことがあり、選手としてではなく戦えることに「やりやすいよ。彼に対峙するのは難しかったんだ。よく抑えるように言われたけど、無理だったね」と、笑顔で語っている。


なお現在は代表戦期間により、数多くの主力選手が不在であることからユース選手を招集。さらにGKクラフトが再び右SBとしてプレーする模様で、ダルダイ監督は「彼の希望だ。GKの練習を邪魔するものではなく、むしろいいトレーニングだよ」との見方を示した。


その一方で、大腿筋を負傷しながらノルウェー代表に参加しているペア・シェルブレッドについては、まだ早期に戻ってくるかどうかも定かではなく「彼は主将だし、ひとまずあそこで治療をしている。うちの医療スタッフが話した通りのプランで進んでいるよ」とコメント、代表戦明けに行われるインゴルシュタット戦での出場も不透明となったままだ。