Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月23日

原口フル出場のヘルタが上位対決制す 大迫は負傷で前半のみの出場

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第8節が22日に行われ、日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとFW大迫勇也が所属するケルンが対戦した。原口は左サイドハーフで、大迫は2トップの一角でともに先発出場している。

ここまで4勝2分け1敗で4位につける好調のヘルタ・ベルリン。前節はドルトムントと引き分けたが、好調を続けている。同じく4勝3分け無敗という好調ぶりを見せるケルンは、前節インゴルシュタットと対戦。FWアントニー・モデストの2ゴールで2-1の勝利を収め、2位に浮上した。上位対決を制してどちらが首位バイエルンを追走するのか、注目が集まる。

最初にチャンスを作ったのはケルン。6分、大迫が右サイドへ展開すると、マルセル・リッセがエリア右横から折り返しのボールを入れる。これを受けた大迫が右足でコントロールしたシュートを狙ったが、ここは枠の右に外れてしまった。

一方のヘルタ・ベルリンは9分に相手ゴールへ迫る。左サイドでボールを持った原口がドリブルでエリア左横に進入。切り返してグラウンダーのクロスを入れると、これを受けたヴェダド・イビシェヴィッチがターンして左足シュートを放ったが、ここはGKティモ・ホルンが好セーブで防いだ。続く13分、ミッチェル・ヴァイザーが中盤でボールを奪うと、右サイドを突破して中央へ折り返す。これをゴール前のイビシェヴィッチがゴール左下に蹴り込み、ヘルタ・ベルリンが先制に成功した。

リードを得たヘルタ・ベルリンはその後も積極的に攻める。16分、中盤でボールを持った原口がミドルシュートで相手ゴールに迫ると、17分には再び原口が左サイドを突破。深い位置から相手DFをかわして中央のサロモン・カルーへつなぐと、カルーが右足でカーブシュートを狙ったが、ここはGKホルンがキャッチした。

その後は両チームともに決定機までつなげることができず、1-0でヘルタ・ベルリンがリードしてハーフタイムを迎えた。

ケルンは後半開始から選手交代。前半終了間際に相手選手と接触した大迫を下げ、レオナルド・ビッテンコートを投入した。65分、エリア手前左でボールを持ったビッテンコートが左サイドのコンスタンティン・ラウシュへ展開すると、ラウシュがグラウンダーの折り返しを入れる。ニアに走り込んだビッテンコートが受けて、さらに中央へ鋭いボールを入れる。これがGKヤースタインの脇を抜けると、ゴール前でフリーになっていたモデストが押し込み、ケルンが同点に追いついた。

ヘルタ・ベルリンは71分にセットプレーからジョン・ブルックスがヘディングシュートでケルンのゴールを脅かしたが、GKホルンがビッグセーブでCKに逃れた。続く74分、右サイドでFKを獲得すると、ヴァイザーのクロスをファーサイドのユリアン・シーバーが頭で折り返す。中央のニクラス・シュタルクがヘディングで押し込み、再びヘルタ・ベルリンがリードを奪った。

追いつきたいケルンは終盤に決定機。87分、途中出場のシモン・ツォラーが放ったシュートは左ポストを直撃。さらに後半アディショナルタイム3分には、途中出場のアルチョムス・ルドネフスがゴール左下にシュートを突き刺し、追いついたかに思われたが、直前にファウルがあったとして得点は認められなかった。このままヘルタ・ベルリンが2-1で逃げ切り、今シーズン5勝目。一方、ケルンは初黒星を喫した。なお、原口はフル出場、大迫は前半のみの出場となっている。

次節、ヘルタ・ベルリンは敵地でホッフェンハイムと、ケルンは日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと対戦する。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 2-1 ケルン

【得点者】
1-0 13分 ヴェダド・イビシェヴィッチ(ヘルタ・ベルリン)
1-1 65分 アントニー・モデスト(ケルン)
2-1 74分 ニクラス・シュタルク(ヘルタ・ベルリン)

きんg


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker